ママケア

 

妊娠、出産、産後は、身体が大きく変化するときです。そんな時期に大切になるのが、お母さんご自身による毎日のケア。助産師あつこでは、プロとしての観察・判断にもとづきケアを施すことに加え、日々のセルフケアを無理なく続けてゆけるよう、技術的なアドバイスもいたします。身体が発するメッセージを敏感にキャッチしてセルフケアができるようになると、エイジングに伴う変化にも対応しやすくなります。

妊婦の腹部

腰痛、恥骨部痛、恥骨結合離開、股関節痛、臀部痛、背部痛、頭痛、首こり、肩こり、手足のしびれ、足のつり・尿もれ、便秘、痔、内臓下垂、子宮下垂、腹直筋離開、逆子などのケアと、セルフケア、呼吸法、運動指導を行います。

 

姿勢のケアはカイロプラクティックやオステオパシーの技術を基礎にしていますが、無理に骨を動かしたり、痛みを伴う施術は行いません。ご本人の身体の特性を理解して、ゆるやかに、よりよい方向に導きます。

 

逆子のケアでは、赤ちゃん自身を無理に動かすのではなく、母体の環境を整えることにより、赤ちゃんが望む胎位を自然に取れることをめざします。また、骨盤ケアグッズ(骨盤ベルト、さらし、腹帯など)の使い方もお伝えします。