吉田敦子近影

 吉田敦子(助産師・看護師)    

 

 

 

助産師になって36年。これまで、大学病院から助産院、さらにはアフリカの小さな国まで、さまざまな場面で妊娠、出産・育児のお手伝いをしてきました。代表理事を務めるNPO法人母子フィジカルサポート研究会では、先輩たちの教えや経験を、若い人たちにわかりやすく伝える活動を行っています。そこで得られた知見を役立て、母と子の「かかりつけ助産師」として、いつも皆様のそばにいたいと思っています。

 

 

[略歴]

1960年
名古屋市北区小川助産院にて出生

 

1983年
東京大学医学部附属助産婦学校卒業、大学病院に勤務

 

1986年12月–1988年5月

青年海外協力隊員としてアフリカのマラウィ共和国へ派遣 / 帰国後、都立病院勤務

 

1993年10月–2003年9月

社団法人 日本家族計画協会にて思春期保健相談員(電話相談、思春期外来、性教育講演)

 

1993年11月

東京都世田谷区にて出張専門助産所開設(新生児訪問指導員、母乳育児相談、母親学級講師、医療専門予備校講師、

看護学校・助産学校非常勤講師、助産院非常勤などを経験)


2001年

妊産婦および赤ちゃんの整体を学び始める

 

2003年
NPO法人母子整体研究会設立に参加 副代表理事

 

2009年

トコカイロプラクティック学院交感整体セミナー修了(元准講師)

 

2011年

NPO 母子フィジカルサポート研究会 代表理事に就任 / BRM療法セミナー ベーシックコース修了

 

2014年
一般社団法人 赤ちゃん歯科ネットワーク 相談役に就任

 

2017年

一般社団法人 ここからだ 発達支援コーチ中級講座A・Bコース修了

 


[所属団体]

・NPO 母子フィジカルサポート研究会 代表理事・認定講師
・公益社団法人 東京都助産師会 世田谷目黒地区分会役員
・公益社団法人 日本看護協会 会員
・公益社団法人 日本母性衛生学会 会員
・一般社団法人 日本思春期学会 会員
・一般社団法人 日本母乳哺育学会 会員
・一般社団法人 性と健康を考える女性専門家の会 会員
・一般社団法人 赤ちゃん歯科ネットワーク 相談役

 

 

[著書]

・『新版  おなかにいるときからはじめるべびぃケア』 合同出版 2018年(共著)

・『おなかにいるときからはじめるべびぃケア』 合同出版 2012年(共著)

・『思春期Q&A』 一般社団法人 日本家族計画協会 1996年(共著)